上に伸ばして鍛えよう

まっすぐ上に伸ばす方法

ゆっくり、手を上に伸ばしてください。
その状態を10秒ぐらいキープしましょう。
痛みを感じたら、10秒より少ない秒数でも構いません。
また、腕を曲げたり伸ばす動作を繰り返すのも効果的です。
座っていてもできますし、立っても実践しても良いでしょう。
時間が空いている時間を利用して、トレーニングをしてください。
このトレーニングは広いスペースでなくてもできるので、会社の休憩時間に取り組むのもおすすめです。

腕を上に伸ばす動作をしていれば、次第に四十肩が改善されるはずです。
しかし背中が丸まっていると、うまく腕を伸ばすことができません。
猫背の状態で無理に腕を伸ばすと、別の部分が痛くなる可能性があります。
姿勢を良くするのがポイントです。

身体を大きく動かすイメージ

腕を伸ばすトレーニングをしている時は、ひじを伸ばすことも意識してください。
胸を開く動作をすれば、肩関節が大きく動きます。
普段肩関節を使っていない人は、筋肉が衰えて四十肩になりやすいです。
トレーニングをして、肩関節を動かしてください。
ひじを曲げる時は、背中にある肩甲骨が中央に寄っているイメージを持ちましょう。

症状が悪化している人は、短時間トレーニングをしただけでは効果を実感できないかもしれません。
毎日繰り返すことが大切です。
肩だけを回す運動はおすすめできませんが、ひじから大きく動かす運動は効果を発揮できます。
トレーニングをする際は、なるべく大きく身体を動かしてください。
すると、肩関節にだけ負担が与えられることはありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る