横になってトレーニングをする

お風呂上がりに実践しよう

横になって、ひざを丸めてください。
その時にひじは90度に曲げます。
ゆっくりと手をお腹に近づけたり、戻したりを繰り返してください。
このような簡単な動きでも、肩関節を鍛えて四十肩を改善できます。
手をお腹に近づける際は、肩を動かさないよう注意してください。
肩が同時に動いてしまうと、肩関節を鍛えられません。

お風呂上がりは身体が温まって、柔らかくなっています。
トレーニングをするのに最適な時間なので、お風呂上がりに実践することを習慣にしましょう。
お風呂に入って、気分もスッキリしている状態だと思います。
手をお腹に近づける時は、痛みを感じたらすぐやめてください。
ギリギリ痛くない限界の位置まで、手を持っていきましょう。

仰向けに寝転がる

仰向けになって実践するトレーニングもあります。
その場合は、腕を横に伸ばします。
肩と腕が水平になるよう、伸ばしてください。
その状態のまま、太ももを右か左に倒します。
ゆっくり太ももを倒すと、痛みを感じる部分に気づくでしょう。
その先にいかないで、そこでストップしてください。
少し時間が経過したら、反対側に太ももを倒してください。

肩関節が延びて、痛みを緩和させるのに効果を発揮できます。
寝る前に実践するのもおすすめです。
四十肩の改善になるだけでなく、安眠効果も得られると思います、
寝る前に身体をほぐすことで、質の良い睡眠を確保できます。
疲れが身体に溜まらないよう、寝る前に少しで良いのでトレーニングをしてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る