身体を鍛えて悩みをなくそう

無理をしない範囲で鍛える

四十肩で傷みを感じているのに無理に身体を動かすと、さらに痛みがひどくなります。
その状態になったら、トレーニングで改善することは難しいです。
痛みが悪化しないよう、無理をしない範囲でトレーニングをしてください。
腕を上に伸ばすトレーニングがありますが、痛みを抱いている人はできないと思います。
腕を下に伸ばすトレーニングもあるので、そちらを実践しましょう。

立って実践するトレーニングですが、狭いスペースでもできます。
まっすぐ背筋を伸ばして立つことを意識してください。
そのまま、下に腕を降ろします。
痛みを感じなければ、左右に振ってください。
早く腕を動かすと痛みが大きくなってしまうので、ゆっくり動かしましょう。

身体が慣れてきた頃

最初は普通に腕を左右に振るだけでも良いですが、慣れてきたら少しレベルを上げましょう。
腕を振る時に、ひねる運動を追加してください。
するとさらに肩関節が鍛えられるので、四十肩を改善することができます。
最初はゆっくりと腕をひねりましょう。
このトレーニングで、インナーマッスルを鍛えることができます。
今四十肩に悩んでいる人はもちろん、健康体の人にもおすすめです。

今から肩関節を鍛えることで、将来四十肩に悩まずに済みます。
また、重い荷物を運ぶ職業に就いている人がいるでしょう。
すると若くても、四十肩に悩む可能性があります。
仕事に合間に、腕を左右に振って疲れを解消してください。
スキマ時間を見つけて、実践するのが良い方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る